自分の本当の使命を知る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁86に、『従来の成功哲学は、人々に「夢や目標を持ちなさい」と教えてきた。

 

しかし、夢や目標を持つと、欲で目標を立ててしまうことになる。

 

欲で夢や目標を持つと、自分自身を見失う可能性があるのだ。

 

ちょうど、チューリップは、いくら「私もバラのように咲きたい」と思うのと同じなのである。

 

チューリップは、いくら「バラになりたい」と思っても、決してバラになることはできない。

 

社長に向いていない人が、社長になりたいという目標を持って、たとえそれが実現したとしても、社長になったことでストレスを抱え、苦しみ、早死にしてしまったら、何にもならないのである。

 

まずは、自分自身を知り、自分の本当の使命を知ることが出発なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170613202728j:plain

 

夢や目標を持つと、欲で目標を立ててしまうことになるので、まずは、自分自身を知り、自分の本当の使命を知ることが出発なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)では、本当の使命は分からないね。

 

偽我の自分に意識を向けていると、欲望の人生となり、それで一生を終えてしまうかもしれない。

 

本当の使命を知らずして、一生を終えてしまうのは悲しいね。

 

本当の使命を知るには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることになる。

 

具体的には、真我の実践、瞑想、または「真我の実践」を唱えたりすることになる。

 

「真我の実践」の唱え方だけど、欲望の実現の手段としてではなく、ただただ唱えることがポイントになる。

 

自分の場合は、このマントラの波動で、体感しているエネルギーに響かせる感じで唱えていて、そうすることによって、どんどん体感が高まり、意識も高まっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

YSブログ研究会