瞑想を起こすスイッチ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁88に、『心の構造は三つでできており、一番奥に真我という黄金があり、その上に業という石ころやゴミが溜まり、その上から理性というフタをしている。

 

ゴミが出てこないように、理性でコントロールしているのだ。

 

サラリーマンが、会社で上司にペコペコしているのがフタである。

 

しかし、会社帰りに焼き鳥屋で、愚痴や不満をぶちまけるのがゴミである。

 

これを普通、本音と呼んでいる。

 

しかし、そのもっと奥に本当の本音があるのだ。

 

なぜ愚痴や不満を言うのかというと、もっと認められたい、愛されたいからである。

 

しかし、認めてくれない、愛してくれないから、恨んだり憎んだりするのである。

 

フタを取って、ゴミを出して、黄金を出して生きれば、本当に素晴らしい人生が送れるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170614184349j:plain

 

なぜ愚痴や不満を言うのかというと、もっと認められたい、愛されたいからなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いて、個体意識からの発想になっていると、そのようになる。

 

そうではなくて、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向けると、全体意識からの発想になり、個体をベースにした愚痴や不満は生じない。

 

全体意識からの発想になるには、瞑想での深い静寂を何回も経験することで、その感覚を体に染み込ませると、日常生活においても、その感覚でいることができるようになってくるね。

 

常に瞑想状態になることが、できるようになってくる。

 

深い静寂を経験するには、瞑想を起こすことが必要で、そのスイッチが、自分の場合は、唾液量を感じながら、頭の中での意識を微妙に動かしているプロセスで瞑想が起きる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

YSブログ研究会