感謝せずにはいられない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁120に、『心の構造は、ダイヤモンドと石ころとイミテーションに譬えることができる。

 

愛や感謝、プラス思考を知識として学ぶのは、イミテーションである。

 

人を愛そうと思っても、どうしても憎んでしまう本音が、石ころである。

 

それに対して、真我は本当の愛、感謝、プラス思考そのものであり、それがダイヤモンドなのである。

 

もし、目の前のテーブルの上に、ダイヤモンドと、本物そっくりのイミテーションと、石ころを並べておいたら、あなたがダイヤモンドだけをとる時に、一番邪魔になるのは何だろう。

 

それは、イミテーションなのだ。

 

頭で学んで人を愛し、人に感謝するのは、本物の愛でも感謝でもないのだ。

 

真我に目覚めたら、愛さずにはいられない、感謝せずにはいられなくなるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170630222335j:plain

 

真我に目覚めたら、愛さずにはいられない、感謝せずにはいられなくなるのだね。

 

真我からの発想は、愛そのもの、感謝そのものからのものであるから、「愛しています。」「感謝しています。」とは、逆に言いにくね。

 

「今、この瞬間、瞬間、愛で生かされています。」「今、この瞬間、瞬間、感謝で生かされています。」の方が、しっくりくるかもしれない。

 

こうなったらとか、ああなったらとかで、愛しています、感謝します、と言うような条件付きのものは、完全に頭の世界のものになるね。

 

誰もが真我のエネルギーで生かされている存在なのだけれども、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、そのことに気づけない。

 

でも、赤ちゃんを見れば、真我のエネルギーで生かされている存在と思えるね。

 

泣いたり、笑ったりしている赤ちゃんはいても、怒ったり、暗い感じの赤ちゃんはいない。

 

赤ちゃんからの波動は、誰もを癒すことができる。

 

それは何故だろうか?

 

赤ちゃんには、想念や妄想はなく、マインド(心)のパワーによる波動がないからだと思う。

 

真我のエネルギーが想念や妄想で浪費されず、真我のエネルギーの波動が、赤ちゃんからは発せられているから、誰もが赤ちゃんには癒されるのだね。

 

だから、真我のエネルギーに満たされ生きるには、如何に想念や妄想を静めるかが重要になる。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、想念や妄想が静まり、真我のエネルギーが満ちてくる。

 

喜び一杯で生きることができるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

八正道

YSブログ研究会