人の心の色を通した自分

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁22に、『あなたが「自分」と言うとき、そこには3つの自分がいるのだ。

 

自分で評価する自分。

 

他人が評価する自分(あなた)。

 

そして、真我を開いて初めて実感できる「本当の自分」である。

 

人が評価する自分(あなた)は、実はその人が見る自分(あなた)であって、あなたの実態ではない。

 

あなたが自分で評価する自分も、結局は、自分の心を通した思い込みの自分である。

 

いずれも、その人の心の色を通した自分である。

 

後から付け加えた知識、価値観からでもなく、もともと備わっている真我が本当の自分なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170708174752j:plain

 

あなたが自分で評価する自分も、結局は、自分の心を通した思い込みの自分なのだね。

 

その心が純粋であれば、本当の自分(真我、満月、まんまる)に気づくことができるのだけれども、遺伝子・前世・今世レベルのさまざまな過去の記憶が心を曇らせ、本当の自分(真我、満月、まんまる)に気づくことができないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心の曇りを厚くすることになり、ますます本当の自分(真我、満月、まんまる)に気づくことはできない。

 

では、どうしたら良いのだろう?

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

そうするプロセスで、どんどん心の曇りが浄化され、本当の自分(真我、満月、まんまる)からのエネルギーに気づくことができ、自分は自分で生きているのではなく、宇宙のパワーで生かして頂いている存在だとしか思えなくなっている。

 

それに気づくと、どうしても顔の表情に出てしまうね。

 

f:id:tamago0141:20160824060816j:plain

 

こんな感じで、本当の自分(真我、満月、まんまる)からのエネルギーは、愛そのものだから、自然に顔の表情に現れてしまう。

 

逆に、不自然な作り笑顔の表情は、瞬時に分かってしまうね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

八正道

YSブログ研究会