本来の役割で無いこと

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁26に、『一般的な願望実現法は、現在のあなたから、将来のある地点になりたい自分を設定し、そこへ向かう。

 

しかし、自分が何ものなのか?

 

チューリップなのかバラなのかを知らずに、他人と比較した夢や目標を持つと、本来の役割で無いことに頑張って体を壊したり本末転倒な結果を生む。

 

大切なのは、天寿を全うし、肉体を去るときに、自分の人生を振り返って心から「素晴らしかった、最高だった、なんていい人生だったんだろう」と言える人生は何なのかを先に知ることである。

 

死から生を見て、時間的な全体をまず見るのである。

 

死ぬときには、金も土地も財産も肉体も家族も何もあの世には持っていけない。

 

その事実を体験して初めて本当に大切なものが浮き彫りになる。

 

そうして本当の自分『真我』を体感できる。

 

このことをまず一日も早く知って、その本当の自分で生き切るのが、人生の目的である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170710210700j:plain

 

チューリップなのかバラなのかを知らずに、他人と比較した夢や目標を持つと、本来の役割で無いことに頑張って体を壊したり本末転倒な結果を生むのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、その偽我の自分の中の基準をベースにして生きると不調和が訪れる。

 

不調和になるために、頑張ってしまうのだね。

 

人はもともと調和している存在なのに、偽我の自分で生きると不調和になってしまう。

 

そうならないためには、本当の自分(真我、満月、まんまる)で生きれば良いね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

どんどん本当の自分(真我、満月、まんまる)に気づいていくことで、愛そのもののエネルギーが満ちてくる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

八正道

 

YSブログ研究会