全ての現象は映画の映像

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁30に、『映画を観ている時、もし気に入らない場面があったら、舞台に上がっていってスクリーンに映った映像に手をつけようとしても変わらない。

 

でも、後ろを振り向いて、映写機の中にあるフィルムを替えたら、一発で変わるのである。

 

しかし、私たちは、日常の生活の中で、丁度、映画のスクリーンを一生懸命変えようとしている人がほとんどなのである。

 

私たちの目の前に起きる、あらゆる現象は、映写機の光がフィルムを通して映画館のスクリーンに映し出された映像のようなものである。そしてフィルムにあたるのが、心である。

 

だから、目の前の気に入らない現象が起きているからといって、その現象そのものに手をつけるのではなく、まさに、原因である心に手をつけなくては、現象面は変わらないのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170712193641j:plain

 

私たちの目の前に起きる、あらゆる現象は、映写機の光がフィルムを通して映画館のスクリーンに映し出された映像のようなものなのだね。

 

目の前の現象が嫌なものであれば、その嫌なものが、フィルムである心にあることになる。

 

目の前の現象は映画のスクリーンで、結果であって、その原因は、映画のフィルムである心になる。

 

スクリーンでフィルムを知ることができ、全て目の前の現象で、自分の心を知っていくことができるね。

 

全ては学びであり、どんどん自分の心がどうであるかを知っていく。

 

全て目の前の現象を受け入れて、その原因である心を認めていく。

 

そうすることで、本当の自分(真我、満月、まんまる)に気づいていけるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

八正道

YSブログ研究会