本質、事実、真実がみえてくる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁48に、『「知る」世界、「信じる」世界の次の段階として「みえる」世界がある。

 

「みえる」世界とは、私たちがそのことを知ろうが知るまいが、信じられようが信じられまいが、事実として「みえる」ということである。

 

その「みえる」には、「肉眼」、「心眼」、そして「真(神)眼」がある。

 

例えば、赤いシャツを着た人を見たとき、事実として赤いシャツを着ている、と肉眼で捉えられる。

 

知る必要も、信じる必要も無い。また、その人の「心」がどのような状態かが摑めたら、そういった心の原因が然るべき結果を生むと結果が予想できるのは、心の眼、つまり「心眼」である。

 

そして、真我を開発していくと、そのものの本質、事実、真実がみえてくる。

 

これが「真(神)眼」である。

 

「真眼」でみると、あらゆる人・モノ・出来事が、完璧な神の愛として捉えることができるようになってくるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170721195606j:plain

 

真我を開発していくと、そのものの本質、事実、真実がみえてくるのだね。

 

人はもともと真我で、常に真我のエネルギーで生かしてい頂いている存在なのだけれど、心の曇りが、そのことを気づかせないことになっている。

 

本当の自分である真我に気づいていくことを、真我開発とすれば、

 

ステップ1 : 心と一体

 

ステップ2 : 心を心でみている

 

ステップ3 : 真我で心をみている

 

のような大きく3つの状態に分けることができるね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いているのは、ステップ1であり、この状態だと、絶えず心を働かせていて、心にコントロールされてしまっている。

真我のエネルギーが、心を働かせることで消費され、心の奥底が満たされていない。その不足感を解消するために、自分の外側のものを求めることに、頑張って、頑張り過ぎてしまうのだね。

 

これでは、ますます偽我の自分を強化してしまう。

 

このことに気づいてねと言っても気づけるものではないので、偽我の自分の願望を達成するために、とにかく頑張って達成することができた経験が得られた時、心の奥底が満たされているかを感じてみることだね。

 

そうすることで気づけるかもしれない。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、ステップ2からステップ3へと変化していき、どんどん真我のエネルギーが満ちてきて、心にコントロールされるのではなく、心をコントロールできる自分になっていることに気づける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

シッダーマスターが示す悟りへの道

YSブログ研究会