正規分布と心のクオリティー

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁66に、『意識が高い低いというのは、全体で見ているのか、目の前で見ているのか、ということである。

 

例えば、火事が起きたとき、目の前でそれを見ている人と、全体を見渡せる高いところにいる人とでは、どちらが的確な判断ができるだろうか?

 

目の前で火事を見ている人は、目の前の火事の家ばかりにこだわってバタバタ慌てながら、火が移りそうな隣の家まで見えていないかもしれない。

 

意識が高いと全体が見える。

 

全体が見えるから、その見えるところで判断できるようになるのである。

 

意識の高い人というのは、より全体像から判断できる人ということなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170728214522j:plain

 

意識が高い低いというのは、全体で見ているのか、目の前で見ているのか、ということなのだね。

 

この図の山が、正規分布に見えてきた。

 

正規分布は、ガウス分布とも呼ばれ、このようなものになる。

 

f:id:tamago0141:20170729080547j:plain

 

現代社会の価値観をベースにした良いことをプラス(+)、逆に悪いことをマイナス(ー)としてみる。

 

日常生活において、すごく良かった、もう最悪などと、大きくプラスとマイナスに振れる人は、バラツキが大きく、標準偏差(シグマ)が大きくなり、その正規分布は、だらっとした低い山になる。

 

現代社会の価値観に強く囚われていて、意識が低くなってしまっていると言える。

 

逆に、シャープな高い山の正規分布は、現代社会の価値観の囚われが少なく、意識が高くエネルギーレベルが高いと言える。

 

標準偏差(シグマ)がゼロになった時には、エネルギーレベルが無限となり、神様になってしまうね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、標準偏差(シグマ)が大きい。

 

標準偏差(シグマ)を小さくして、エネルギーレベルを高めるには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

どんどん神様に近づいていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

シッダーマスターが示す悟りへの道

YSブログ研究会