全体から判断ができる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁96に、『電車に乗っていて、窓から見る景色は、平坦な同じ地上の景色が常に移り変わっていく景色である。

 

目の前のみえるものでしか判断もできない。

 

電車のように地上を横に移動する乗り物でなく、エレベーターのように、縦に移動する乗り物があったとしたら、窓からはどういう景色が見えるだろうか?

 

エレベーターのように上に上に上昇して行ったら、上がれば上がるほど全体が見えてくる。

 

その全体から見える部分でのものの見方や判断ができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170811003538j:plain

 

エレベーターのように上に上に上昇して行ったら、上がれば上がるほど全体が見えてくるのだね。

 

今、自分は自分で生きていると言う感覚が強いのであれば、5感で認識したものが全てで、肉体の自分を本当の自分であると思い込んでしまっている。

 

自分はその自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われている。

 

その囚われが、意識の向上を妨げていて、物事の全体が見えていないので、どうしても偏ったものの見方になってしまうね。

 

例えば、サッカー選手は、超一流になってくると、テクニックだけでなく、意識が高いからこそ、サッカーコートを真上から見ている感覚になっている。

 

意識が高まってくると、5感の認識を超えて、全体から判断できるようになるのだね。

 

意識を高めるには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、さまざまな気づきが増えてきて、自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かして頂いている存在だと思えてくる。

 

生命の本質に気づくことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

 

 

 

YSブログ研究会