問題の根本に気づく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁100に、『私たちの目の前に現れる問題や悩みは、ちょうどナベのふたについた取っ手のようなものである。

 

ナベに取っ手があるから、フタを空け、中を見ることができるのである。

 

取っ手が無かったら、中に腐ったものがあっても、フタを開けられない。

 

問題の根本に気付きにくくなってしまうのである。

 

だから、問題という取っ手のお陰でフタを開けやすくしてくれ、根本解決に至るのである。

 

問題にならなかったら、そのまま放置されて、もっととんでもないことになりかねないのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170812151110j:plain

 

私たちの目の前に現れる問題や悩みは、ちょうどナベのふたについた取っ手のようなものなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)で、問題や悩みが全くないと、生命の本質に気づくことは難しい。

 

本当の自分である真我に気づくことなく、人生を終えてしまうことになる。

 

問題や悩みがあっても、素直に捉えず、何事もプラスに捉えるとして無理していることが当たり前になり、無理していることにも気づけないでいるのかもしれない。

 

よく自ら幸せをアピールしたりする人とかは、感覚が麻痺しているのかもしれない。

 

問題や悩みがあれば、素直に問題や悩みとして感じることができる方が良いね。

 

だからこそ、自己成長につながるとつながると思う。

 

問題や悩みがあったら、これは学びの場だと捉える。

 

この問題や悩みは、どこから生じているのだろうかと自分を俯瞰して見つめる。

 

そうすることで、偽我の自分に意識が向いていて、偽我の自分の中の何かに囚われているから、問題や悩みが生じていることに気づける。

 

この気づきの積み重ねが、生命の本質への気づきにつながるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会