心の浄水器のような言葉

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁46に、『善き言葉には力がある。

 

「ありがとうございます」、「ごめんなさい」などを口ぐせにしていると運が良くなると言われるが、これらの言葉は浄水器のようなものである。

 

心の中に、恨みやつらみや憎しみなどがあると、それが言葉となり行動となって現象が現れてくる。

 

たとえば、「ありがとう」という言葉を使っても、心の中の苦しみや悩みは解消されていない可能性がある。

 

心の貯水タンクに泥水が入っていたら「ありがとう」という言葉で浄水して外に出しても、タンクの中身は泥水のままということである。

 

この貯水タンクの中身を丸ごと入れ替えてしまえば、「ありがとう」という言葉は自然に口から出てくる。

 

それは、真我に目覚めるということである。

 

真我に目覚めると、悩みや苦しみが一瞬にして愛や感謝に変わる。

 

そうなると、出てくる言葉や行動は相手を喜ばせ、何より自分が一番嬉しい状態になるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170910063915j:plain

 

心の貯水タンクに泥水が入っていたら「ありがとう」という言葉で浄水して外に出しても、タンクの中身は泥水のままということなのだね。

 

常に善き言葉を唱えていることで、心の中を善き言葉だけにしておく。

 

想念や妄想が湧き上がる間がないように、常に善き言葉を唱えていることで、観念が生じることなく、心の貯水タンクを汚すことはなくなるね。

 

心の貯水タンクの泥水は、過去の記憶に囚われているものであり、その囚われているのは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)になる。

 

過去の記憶に囚われているとは、過去の記憶を掴んで執着しているのだから、そこにエネルギーを使っていることになる。

 

どうしてエネルギーが使われるかは、偽我の自分に意識が向いているからだね。

 

1日24時間、偽我の自分でなく、真我の自分に意識を向け続けることで、偽我の自分がエネルギーを使うことなく、過去の記憶に囚われが外れることになる。

 

だから、できる限り真我の自分に意識を向け続けるかが、とても重要だね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、どんどん心の貯水タンクが奇麗になっていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会