相手への感謝と尊敬の念

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁60に、『無敵というのは、あなたが万能であるということではない。

 

むしろ、自分が何もできないことを認めたときに無敵になる。

 

自分の弱いところ、苦手なことが得意な人を、認めて助けてもらう。

 

そうしたら、他人の良いところがたくさん見えてくる。

 

その良いところを活かそうとする。

 

そうすると、その相手が活きてくるということになる。

 

そのようにしていくと、自分一人では到底できなった大きなことができるようになってくる。

 

自分ができないということは、相手を活かすことであり、相手への感謝と尊敬の念が自然と出てくる。

 

自分の弱さを認めて、他の力を活かしていくことが無敵の世界である。

 

誰かを傷つけたりが我慢したりせずに、すべてを活かしながら調和していく世界なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170916194422j:plain

 

自分ができないということは、相手を活かすことであり、相手への感謝と尊敬の念が自然と出てくるのだね。

 

個体からではなく、全体から発想することで、見えてくるものがある。

 

宇宙は調和していて、人はその中で生かしていただいている存在だから、元々調和している。

 

だから、目の前の現象に対して、どのように対応しているのかが、とても重要になる。

 

たとえば、仕事で「小さなこと」でなく、もっと「大きなこと」がしたいと思ったら、それは既に自分の中にインプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われてしまっている。

 

その基準の囚われが無ければ、「小さいこと」が悪く、「大きいこと」が良いと言う思いは生じない。

 

また、その不満な思いの波動は、全体に悪い影響を与えている。

 

その基準の囚われから抜け出すことで、目の前のどんな仕事あっても、誠心誠意、淡々と行うことができる自分になっていく。

 

当然、そこからの波動は、全体に良い影響を与えている。

 

そのように全体に良い影響を与え続けることで、目の前の現象も、調和したものがどんどん現れてくる。

 

では、どうしたら、その基準の囚われから抜け出すことができるのだろうか?

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その基準の囚われを強化してしまう。

 

そうではなくて、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、その基準の囚われが薄れていき、どんどん気分が軽やかになっていく。

 

意識が高まることで、調和した行いにつながり、人生が素晴らしくなっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会