人智を超えた応援の真実

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁62に、『よく、「子はかすがい」という言葉を使うが、実は先祖がかすがいである。

 

私たちは誰一人例外なく、両親から生まれ先祖がいる。

 

表面的にどう見えようが、両親も先祖も、子孫の繁栄を願わない者はいない。

 

目に見えなくても先祖は魂の応援をしているのである。

 

そして、その子孫の伴侶の反映も同時に願っているのだ。

 

自分の子孫の幸せは望むが、伴侶の幸せはどうでもよいということはないのである。

 

なぜなら、命が男と女の双方がいてつながっているという真理は、誰も否定できないからである。

 

自分の先祖は、自分の夫を、妻を、応援してくれているのだ。

 

同時に、夫の、妻の先祖は、自分を応援しているのだ。

 

夫は妻の、妻は夫の先祖の絶大なる魂の後押しを受けているのである。

 

男と女は、実は、先祖がかすがいなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170917183954j:plain

 

夫は妻の、妻は夫の先祖の絶大なる魂の後押しを受けているのだね。

 

5感の認識が強力で、それが全てであると思い込んでしまっていると、個体としての自分に意識が向いてしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分は、偽物の自分(偽我)なのに、偽我の自分で生きてしまう。

 

それは、宇宙の法則に反してい、不調和な生き方だら、悩みや苦しみが生じる。

 

悩みや苦しみは、宇宙からの有難いメッセージで、「不調和になっているよ。調和してね。」と解読できる自分になれると良いね。

 

そのためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分である真我の自分に意識を向けることだね。

 

本当の自分である真我は、誰もに内在する究極の全体意識であり、愛そのもののになる。

 

心の中が想念や妄想でゴチャゴチャと混乱している状態だと、偽我の自分が優勢になっている。

 

偽我の自分が優勢だと、インプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われているので、それによって裁きまくることになる。

 

自分自身や周りの人に対して・・・。

 

本当の自分である真我に意識を向けることで、心の中の混乱が静まってくると、その基準による裁きが薄れてきて、あるがままを受け入れることができるようになってくる。

 

どんどん心の中が静まってくると、元々豊かな自分であることに気づくことができる。

 

本当の幸せとは、何かをすることや何かを得ることで得られるものではなく、元々豊かな自分である、本当の自分である真我に気づいていくことなのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会