全体と個の融合

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁70に、『私たちは、親と子、夫と妻、あなたと私というように、分離して考える。

 

しかし、本当は、もともとひとつなのである。

 

分離して考えると、そこには損得の意識や、優越の意識が芽生えてしまい、そこから悩みや苦しみが発生してしまうことになる。

 

子は親から生まれて、親の遺伝子を明らかに引き継いでいるわけだから、遺伝子のつながりとしてひとつとも言える。

 

命のバトンを引き継いで、一本の線の上を走者を変えて走っているのである。

 

夫と妻は、先祖の魂を後世につなぐ伝達者であり、延いては人類の命をつないでいくための役割を担っている。

 

あなたも私も、そのように同じ背景を与えられて、この世に生まれてきて、また役目を果たしていくのである。

 

そのように命という観点に焦点を当てると、全体と個の融合が私たちの生きる指針であることに至る。

 

分離しているように見える個は全体の一部であり、全体はその意識を個という役割によって成り立たせているのである。

 

個の意識が分離に向けば全体は不調和になり、逆に融合に向けば自然に調和が訪れる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170921203629j:plain

 

命という観点に焦点を当てると、全体と個の融合が私たちの生きる指針であることに至るのだね。

 

5感の認識が全てであるとすれば、肉体である個を強く意識することになる。

 

それが、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に、意識を向けていることになる。

 

競争原理に基づく社会だと、普通に生活していると、どんどん分離の意識が強まってしまって、宇宙からすると不調和になっていくね。

 

過去の記憶として、インプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)の囚われが、強く意識されるので、それによって良い悪いの判断、裁きを続けることになる。

 

相手を責めたり、自分を責めたりすることが、癖になってしまうと、なかなか止めることができない。

 

エネルギーが消耗するので、ますます不調和なっていくね。

 

この負のサイクルから抜け出すには、どうしたら良いだろうか?

 

意識を向ける先を、個ではなく全体にすることになる。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に向け続ける。

 

今まで拘っていたことに対して、「まっ、いいか。」と捉えられるようになっていく。

 

目の前の現象に振り回されることなく、受け入れることができるようなっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会