幸せに通ずる道

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁72に、『あなたの人生そのものも、全体と個の融合である。

 

人生の中に、仕事があり、家庭生活があり、地域社会の生活がある。

 

ここで、仕事は仕事、家庭は家庭と切り離して考えてしまうと不調和が発生する。

 

仕事だけに精を出してお金が溜まったとしても、家庭での人間関係が悪かったり、健康を害してしまったりしたら、それで人生は満足であろうか。

 

死ぬときは、お金も土地も財産も家族も、すべてを置いていかなければならない。

 

であるならば、死ぬときに、自分がどのような人生であるのが良かったのかという、死から生を見てそれに沿うことが幸せに通ずる道なのである。

 

生まれてから死ぬまでのあなたの人生を全体としたときに、仕事はどのようにしたらよいか、家族とはどうしたらよいか、お客様とはどのようにせっしたらよいかがおのずとみえてくるのである。

 

あなたの人生という全体と、人生の側面である個を融合していくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170923074331j:plain 

 

死ぬときに、自分がどのような人生であるのが良かったのかという、死から生を見てそれに沿うことが幸せに通ずる道なのだね。

 

目先のことで頭が一杯で、目の前の現象に振り回されていると疲れるし、悩みや苦しみも生じる。

 

そうなってしまっている思考の枠を広げていくことで、物事の捉え方が変わるね。自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われていて、それをベースに発想してしまうので、「できていないこと」や「悪いと思い込んでいること」ばかりに目が行ってしまう。

 

そうではなくて、「できていること」や「良いこと」だけに目を向けることで、豊かになってくる。

 

死から生を見るなら、「今、生きている」と、この素晴らしさを感じる。

 

「体が動く」と、この素晴らしさを感じる。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、囚われていたものが外れていき、もともと豊かである自分に気づくことができる。

 

本当の幸せは、頭で描いたことを実現することではなく、本当の自分である真我に気づいていくことだね。

 

このことに関する確信が深まることで、どんどん豊かさを感じている割合が増え、常に豊かな自分になることができる。

 

なぜなら、もともと豊かだからだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会