みな等しく真我の存在

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁80に、『人間はみな等しく真我の存在である。

 

真我とは、宇宙意識、内在する神、全体意識、歓喜、あるいは愛と感謝の心、仏心などと表現できる。

 

真我は、人間のもっとも奥深い部分に内在するただひとつの実相であり、それより浅い部分い無限の意識次元が存在する。

 

あの人は意識が高い、この人は意識が低いという言い方をするが、意識が高くても低くても、その中間でも、人間は等しく真我なのである。

 

意識の高い人が優位で、低い人は劣るわけではない。

 

みな、過程なのだ。

 

今、どの意識次元で生きていても、それは一つの過程であり、変化してく可能性があるのである。

 

しかしながら、どの次元であっても、その奥にある普遍の真我が、我々の本体なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170926201555j:plain

 

人間はみな等しく真我の存在なのだね。

 

5感で認識したものが全てであり、その思い込みが強固であると、このことに気づくことはできない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶としてインプットされているものの囚われから抜け出すことができない。

 

どうしても囚われているものからの発想となってしまう。

 

その囚われから抜け出すには、どうしたら良いだろうか?

 

例えば、憤りや怒りが生じたら、自分は何かに囚われているからと、自分を俯瞰して見つめて見る。

 

何かに囚われているのだなとすることで、その囚われているものを手放していく。

 

真我の自分は愛そのものだから、マイナスの感情が生じたら、これは偽我の自分に意識が向いていると言うメッセージと捉える。

 

「あっ、偽我に意識が向いている。」と解釈して、速やかに真我に意識を向けるようにする。

 

これを淡々と繰り返していくことで、いろいろな気づきが生じて、自分は真我の存在であることの確信が深まっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会