頭でなく真我から発想する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁104に、『意識次元が上がる形態として、デジタルで上がる形と、アナログで上がる形がある。

 

真我に目覚めた瞬間は、デジタルで上がる。

 

一瞬にしてスイッチが入り、ポーンと上昇するのだ。愛と感謝の気持ちがあふれてきて、今までとは違うものの捉え方が訪れる。

 

これがデジタル的に上がる形態である。

 

そして、その一瞬で上がった意識次元を、更に上げていくのが、アナログの方法である。

 

真我に目覚めてから起こる出来事を認めて、さらに真我への確信を深めていくこと、瞑想をしたり、真我の心をすぐに言葉、行動に表すこと、「真我の実践」を唱えて自分の脳の考えではなく真我から出てくる発想をすること、などが、アナログ的に上がっていくことである。

 

真我に目覚めた瞬間の体験は、ただの精神の高揚ではない。

 

これを自覚し続けることで、更に意識次元は上昇していくのである。

 

デジタルで上がって、アナログで継続するのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171008204340j:plain

 

愛と感謝の気持ちがあふれてきて、今までとは違うものの捉え方が訪れるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向ていては、愛と感謝の気持ちはあふれない。

 

心の中が、想念や妄想で一杯になっていて、混乱しているものだと固定化してしまっているからだね。

 

そうゆうものだと思い込んでしまっていると、そこから抜け出せない。

 

どうして混乱してしまうのだろうか?

 

その想念や妄想を自分のものだと捉えてしまっていて、それに意識が向き、反応してしまうからになる。

 

想念や妄想に反応せず、第三者が見る感じで見続けると、自分の中にはいろいろな思いがあるのだなと気づくことができる。

 

それを徹底することで、想念や妄想を自分と切り離すことができ、想念や妄想が静まってくると、愛と感謝の気持ちがあふれてくるのだね。

 

そのエネルギーで宇宙に生かしていいただいている存在だと思えてくる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会