願望実現の道具との違い

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁108に、『私たちの世界には、迷いや苦しみが多くある。

 

病気であったり、人間関係であったり、借金などのお金の問題であったり、生きることへの迷いであったりする。

 

もがいて苦しんでいる人は、藁にもすがる気持ちで解決策を探す。

 

しかし、これは、真我に目覚める最大のチャンスであるのだ。

 

そして、真我に目覚めたら、一瞬で今までの苦しみがうそのように消えてしまう。

 

泥沼でもがき苦しんでいる時に、天から下がっている黄金のロープを見つけて掴んだら、そこから抜け出せるのである。

 

だが、時に人は、いったん抜け出せると、黄金のロープを見つけたら、二度と放さないことだ。

 

すなわち、真我に目覚めたら、そこからは真我で生きる人生を歩むのだ。

 

真我を、何かの願望実現の道具と勘違いしてはいけない。

 

真我はあなたの実相であるから、その真理で生きていくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171010195123j:plain

 

真我を、何かの願望実現の道具と勘違いしてはいけないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、その偽我の自分が悩みや苦しんでいる時に、真我で何とかすると言うように、真我を手段として捉えていては本質からズレているね。

 

それでは、いつまでも偽我の自分で生きることになる。

 

しかし、偽我の自分が喜び一杯であると、真我に目覚めることは難しく、悩みや苦しみが一杯である時こそ、真我に目覚める最大のチャンスなのだね。

 

そのチャンスを活かし、その勢いで、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

悩みや苦しみ一杯の偽我の自分を捨て去って、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

生きているのだから、真我のエネルギーで宇宙に生かしていただいている存在であることが真理なのだから、そのことに気づいていく。

 

偽我の喜びは一過性のものだけど、真我の喜びはいつまでも続く。

 

その喜び一杯で生きることで人生は素晴らしくなるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会