万人に平等の宇宙の法則

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁120に、『真理の受け止め方の二つ目は、真理という知識を、自分の価値観と並列に頭に置くパターンである。

 

価値観は価値観、真理は真理という知識で分離をするパターンである。

 

真我であるという真理は、頭で理解できるものではなく、また知識でもない。

 

万人に平等の宇宙の法則である。

 

宇宙の法則の上に生かされている私たちに、脳があり、その中に価値観や考えがある。

 

もともと、比較できるレベルにないものなのである。

 

しかしながら、人間は、まず頭で受け入れてしまうので、真理も一つの知識、考え方として捉えてしまう。

 

真理を一つの価値観として、そのような価値観もあるのだと、自分の価値観と並べて置いてしまうのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171016194222j:plain

 

人間は、まず頭で受け入れてしまうので、真理も一つの知識、考え方として捉えてしまうのだね。

 

真我は頭で理解できるものではなく、無限なものなのに、それを固定化して頭にインプットして理解したつもりになってしまう。

 

その知識がいくらあっても、物事の捉え方が変わることはなく、意識次元は上がらない。

 

真我は実践を通して、感じていくことで気づきが生じて、その結果として、真我の確信が深まっていくものだね。

 

自分は自分で生きていたとの思いが薄れ、自分は宇宙に生かされている存在なのだと思えてくる。

 

そこからの発想が、宇宙の法則に沿って生きることにつながる。

 

宇宙の法則に沿って生きることで、エネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

心の奥底から豊かさを感じながら生きることで、人生は素晴らしくなるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会