真理はノウハウや手段でない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁124に、『真理の受け止め方の四つ目は、真理という知識の中に自分の価値観を入れてしまうパターンである。


真理を言葉や知識として学んで、自分なりの真理という価値観を基調とした上で、他の良いと思われる知識や感が型を、都合よく混在していくのである。


真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自身の中からのアウトプットであるから、真理を頭で学ぶことはできない。


真理は、ノウハウでも、何かの手段でもない。


にもかかわらず、真理を一つの考え方として捉え、他にもよさそうなものがあれば、それも取り入れていくのである。


一見、真理を語っているように見えて、実は、頭の世界だけの話なのである。


学びの世界と同様、知識の中にない出来事に遭遇した場合には、対応ができない。』とある。


f:id:tamago0141:20171017203002j:plain


真理は、ノウハウでも、何かの手段でもないのだね。


20年ぐらい、私は手段として捉えていたので、思い込んでしまっていると、なかなかその思い込みは外れないね。


手段として捉えていることは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)を、なんとかしようとする、偽我の実践なのだね。


偽我の自分に意識が向いていて、頭の考えを超えることができない。


その結果として、自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に基づく発想をし続けることになる。


その基準で自分や相手を裁くと言う、とてもエネルギーを消耗する生き方になってしまう。


では、どうしたら良いのだろうか?


偽我の自分に意識を向けるのではなく、真我の自分に意識を向け続けることだね。


真我とは、誰もに内在する究極の全体意識になり、そこに意識を向け続けることで、本当の自分に気づいていく。


本当の自分は、愛そのもので、そのエネルギーで生かされいることを気づいていく。


その本当の自分からの発想で生きることで、人生が素晴らしくなっていくね。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

図解 神のメッセージ3


YSブログ研究会