本当の自分を発揮する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁52に、『今までの学校教育は、ほとんどが知識を脳に詰め込むインプット型である。

 

そうやって記憶した知識や考えで生きると、本当の自分がなかなか出なくなってしまう。

 

問題があった時も、記憶したデータに基づいてしか判断できなくなってしまう。

 

さらには、人に責任転嫁するようになる。しかし、英語でエデュケーションというように、本来、教育は引き出すものである。

 

自分を認め、本当の自分を引き出し、それを表に出していくのだ。

 

本当の自分を発揮するのだから、ストレスにならないし、公開することもない。

 

アウトプットの世界は、人のせいにすることもなくなるのだ。

 

真我を開くことによって、真我から脳にアウトプットしていくのだ。

 

そこから出てくる直感やアイデアは、インプットした知識とは根本的に違うのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170527151617j:plain

 

自分を認め、本当の自分を引き出し、それを表に出していくのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に意識が向いていると、頭にインプットされた基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われてしまっている。

 

その囚われによって、相手や自分を裁くことになり、なかなか相手や自分を認めることができない。

 

欠点ばかりが見えて、何とか克服しようと、頑張り続ける人生となってしまうね。

 

絶えず変化してるものを、固定化された基準で裁くことは、意味の無いことなのに、それをやり続けてしまう。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、囚われていた基準が薄れていき、裁いていたものを受け入れることができるようになってくる。

 

自分を認められると、エネルギーが満ちてきて、物事の捉え方が変わる。

 

自分の外側ではなく、内側に目を向けることで、生命の本質に気づけ、そこからの発想で生きることで、人生は素晴らしくなるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会