人生で一番大切なもの

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁72に、『人生において、何が一番大切なのだろうか。


あなたは「一億円あげるから、死んでください」と言われて、死ねるだろうか。


人は、一番大事なものを忘れ、大変愚かなことをしているのだ。


大切な肉親を裏切ったり、憎しみ合ったり、戦争をしたり、水型の寿命を縮めたりしているのだ。


最も大切なものを忘れてしまっている。


神から預かった命を一番にするのか、人の作ったお金やモノを一番にするのか。


あなたの乗っている船が、今まさに沈もうとしていたら、あなたは目の前にある金の延べ棒を掴むだろうか、それとも丸太棒を掴むだろうか。


丸太棒は、あなたの命を救うことができる。


あなたの周囲にも、丸太棒のようにあなたを救う大切なものがあるのだ。』とある。


f:id:tamago0141:20170606212049j:plain


神から預かった命を一番にするのか、人の作ったお金やモノを一番にするのか、人は、一番大事なものを忘れ、大変愚かなことをしているのだね。


相対的なものに価値があると思い込んでしまって、それを追い求めて得られたとしても、それは変化してしまう。


価値があると思い込んでしまっていたものが、変化して価値がなくなっても、また相対的なものを追い求めてしまう。比べられるものではなく、比べられないものを一番にすることで、無駄な繰り返しは無くなるね。


命を一番にすることで、この命を最大限に活かすことが重要であると思えてくる。


そのためには、命とは何なのか、本当の自分とは何なのかに気づいていくことだね。


心と肉体の偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。


生命の本質に気づいていくことで、自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かされている存在なのだと思えてくる。


自分は自分で生きていると言う思い込みが、不調和な生き方になっていたことに気づくことができる。


頑張ってしまうから不調和になり、その頑張りを外すことで、調和した生き方ができるね。


頑張ってしまうのは、まだ宇宙に生かされている存在なのだと思えていなく、偽我の自分に意識をが向いているからだね。


誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

神のメッセージ


YSブログ研究会