川の流れに沿った調和の世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁84に、『本当の素晴らしい生き方をするためには、宇宙の法則に従うことである。

 

法則に逆らうというのは、ボートを川の流れと反対に漕ぐようなものだ。

 

それではいくら漕いでも、ボートはなかなか進まないし、とても疲れてしまう。

 

そこで、「ああ、疲れた!」と言って、漕ぐのをやめたらどうなるだとうか。

 

ボートは後ろ向きに、下流に向かって流されていくだろう。

 

そうすれば、何の努力も要らず、川の流れに沿って進んで行けるのである。

 

あとは、岸にぶつからないように、方向を微調整するだけである。

 

川の流れと反対方向に漕ぐと、悩みや苦しみ、争いなど不調和の世界になる。

 

川の流れに沿うと、調和の世界になる。

 

川の流れに沿うというのは、真我の心、愛で生きるということである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170612200432j:plain

 

川の流れと反対方向に漕ぐと、悩みや苦しみ、争いなど不調和の世界になるのだね。

 

川の流れと反対方向に漕ぐことは、宇宙の法則に逆らっている。

 

自分は自分で生きているのだと言う思いが強いのは、宇宙の法則に逆らっているかもしれない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識が向いているからだね。

 

心と肉体の個体からの発想は、宇宙の法則に沿っていない。

 

想念や妄想のマインドのパワーで、何とかしようとするのは、宇宙の法則に沿っていない。

 

そのマインドを外すことで、宇宙の法則に沿った調和の世界を生きることができるのだね。

 

そのためには、偽我の自分ではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に、意識を向け続ける。

 

心の中の想念や妄想が湧き上がってきても、それらを相手にせず、俯瞰して見続け、ただただ本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

想念や妄想に反応してしまうと、想念や妄想が膨らんでしまい、本当の自分(真我)に気づけないね。

 

俯瞰して見続けることで、想念や妄想が静まってくる。

 

静まってくることで、本当の自分(真我)に気づけ、宇宙に生かされている存在なのだと思えてくる。

 

執着ではない宇宙的な愛を感じることができる。

 

そこからの発想で生きることで、物事の捉え方が変わり、人生は素晴らしくなるのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会