子どもが自然にイキイキできる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁118に、『愛には、執着の愛と放つ愛がある。

 

執着の愛とは、自分のものにしないと気が済まないという思いである。

 

子どもも妻も、総て自分のものにしようという思いである。

 

総て自分から出発している。

 

親が、このような発想で子どもと接すると、子どもの自立心を奪ってしまう。

 

未成年者のいろいろな問題は、執着の愛か、愛の不足が原因である。

 

これに対して、放つ愛は、子どもに「こうなって欲しい」という願望を持たない。

 

子どもが自然にイキイキできるように向けていくのだ。

 

そして、子どもが自立できるように向けていくのだ。

 

総てのものは天からの預かりものであることを自覚できれば、愛を放つことができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170629195409j:plain

 

放つ愛は、子どもに「こうなって欲しい」という願望を持たずに、子どもが自然にイキイキできるように向けていくのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識が向いていると、総て自分のものにしようという思いの執着の愛になってしまう。

 

総て自分から出発する発想になってしまうのだね。

 

それだと、子どもの生命エネルギーを無駄に消耗させてしまうことにつながる。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

自分は宇宙に生かされている存在だと思えてくると、自然に愛を放つことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会