高い意識による的確な判断

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁66に、『意識が高い低いというのは、全体で見ているのか、目の前で見ているのか、ということである。

 

例えば、火事が起きたとき、目の前でそれを見ていると人と、全体を見渡せる高いところにいる人とでは、どちらが的確な判断ができるだろうか?

 

目の前で火事を見ている人は、目の前の火事の家ばかりにこだわってバタバタ慌てながら、日が移りそうな隣の家まで見えていないかもしてない。

 

意識が高いと全体が見える。全体が見えるから、その見えるところで判断できるようになるのである。

 

意識の高い人というのは、より全体像から判断できる人ということなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170728214522j:plain

 

意識が高い低いというのは、全体で見ているのか、目の前で見ているのか、ということであるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、個体意識からの発想だけとなってしまうので、全体ではなく目の前で見ていることであり、意識が低いことになる。

 

偽我の自分ではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、より広い範囲から物事を捉えられるようになる。

 

そのことによって、様々な人の発想に合わせて行動することができ、不調和でなく調和へと向かっていくことができるのだね。

 

例えば、この人は、そのようなところから発想していて凄いなぁとか、周りの人に対する理解が深まる。

 

そして、その理解が自分自身の適切な行動につながるのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会