囚われない自由な境地の心

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁68に、『私たちの人生は、全て心が主体となって展開していくのである。

 

地獄を味わう人は、外に地獄があるのではなく、地獄を反映させる原因となる心を持っているのである。

 

また、天国を味わう人は、天国を反映させる何ものにも囚われない自由な境地の心を持っているのである。

 

これを仏教では涅槃の境地ともいう。

 

そういった心という内界の原因が現象という外界に結果として現れているのが、人生なのである。

 

元々自分にあったものが出てきているのである。

 

涅槃とは、まさに真我に目覚めることである。

 

真我に目覚めることによって、その自由な心が天国を展開させてくるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170729153724j:plain

 

天国を味わう人は、天国を反映させる何ものにも囚われない自由な境地の心を持っているのだね。

 

最も囚われて、その影響を最も受けているのは自分の肉体となる。

 

瞑想をしていて、肉体が溶けていく感覚になった時、肉体がある以上は、過去の記憶に囚われているのだと感じた。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分にインプットされている、様々なものに囚われてしまっていて、その囚われで、非常に窮屈な生き方に強いられている。

 

その囚われから抜け出すには、何とか抜け出したいと思えば思うほど、囚われが強くなってしまう。

 

そうではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

そのプロセスで気づきが生じて、囚われいたものが自然に外れていき、どんどん気分が軽くなっていく。

 

目の前の現象に振り回れるのではなく、その現象から学んでいくことができるようになっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会