人智を超えた深い叡智が働く

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁26に、『何事にも、中心がある。


体の中心に重心を置けば、バランスを保って楽に立っていられる。


家庭や会社にも中心がある。


みんながばらばらの方向を向けてしまうと、進むべき道に進むことはできない。


問題が生じたときにも、何を基準にするのかが明確でないと論点がずれて、最適な対処はできない。


しかし、常に中心に焦点を合わせていれば、自然と物事は調整され調和をする。


中心軸を定めたら、周りのものが整ってくるのである。


家庭の中心、会社の中心、日本の中心、すべてに中心がある。


中心があることで安定する。


宇宙にも中心がある。


人も宇宙の一部であるから、宇宙の中心に焦点を合わせて生きることが、本来の道である。


宇宙の中心とは、真我である。真我に的を合わせたときに、人智を超えた深い叡智が働く。


これは、宇宙の法則なのである。』とある。


f:id:tamago0141:20170830184744j:plain


何事にも、中心があり、体の中心に重心を置けば、バランスを保って楽に立っていられるのだね。


悩みや苦しみが生じてバランスを崩している時は、自分の我が強くなっている。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、そこからの個体意識からの発想で物事を偏って捉えてしまっている。


バランスを保つには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分に意識を向け続けることだね。


心の中の想念や妄想による混乱が無くなり、心の中がどんどん静まってくる。


心の中が澄んでくると、エネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができ、そこから発想することで、物事の捉え方が素晴らしく変わってくる。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

 

図解 神のメッセージ3


YSブログ研究会