「真我の実践」を常に唱える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁32に、『人の本質は真我であるから、真我から湧いてくる心、言葉、行動でいくと、矛盾のない調和の世界でいきることができる。

 

そのためには、常に自分の真我を引き出す訓練をし、何が起こってもハンドルを真我でコントロールできるようにすればよい。

 

せっかく真我に覚醒しても、自分で真我を認めなければ、それは現れてこないのである。

 

反対に変化を認めると、心はその方向に向いて更なる変化が現れ、確信が深くなっていく。

 

真我に目覚めて変わったのだから、昨日までの自分はすでに過去のことである。

 

自分を真我の存在だと認めたら、ずっと継続していくことが肝要なのだ。

 

そこに間を空けると、もとに戻ったかのような現象が現れるのである。真我に覚醒したら、真我の方向に、思い切り、頭(ハンドル)を向けるのである。

 

間を空けない一つの方法は、「真我の実践」を心の中で常に唱えることである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170902191135j:plain

 

人の本質は真我であるから、真我から湧いてくる心、言葉、行動でいくと、矛盾のない調和の世界でいきることができるのだね。

 

自分の外側から詰め込んだ知識や過去の記憶を基準にして、頭を使い過ぎると、どんどん不調和な生き方になっていく。

 

良いこと悪いことの判断が厳格で、そこに物凄くこだわって生きることになってしまう。

 

悩みや苦しみの多い人生となってしまうね。

 

調和の世界を生きるためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)な意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に、意識を向け続けることになる。

 

具体的には、「真我の実践」を心の中で常に唱えると良いね。

 

ただ唱えるといっても、この唱え方がとても重要で、試行錯誤して自分で見つけていくことになる。

 

例えば、とても優しく宇宙全体に響き渡らせる感じで唱えるとか、いろいろやってみることだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会