究極の自分から出てくる発想

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁38に、『悟りを求める人は、自分の抱えている業やカルマを消して、その奥の真我に辿りつこうと試みる場合が多い。

 

滝に打たれたり、何時間も座禅や瞑想をしたりして、表面にある自分を消し去って、究極の境地、真我を求める。

 

しかし、本当は違う。

 

真我が出てきた時に、業やカルマや、自分の浅い部分にあるものが消えるのである。

 

真我は理屈や頭では絶対に捉えることのできないものであるが、誰の中にも内在する究極の全体意識である。

 

知識で捉えて理解できるものではない。

 

究極の自分(真我)から出てくる発想、言葉、行動が、過去の記憶や業やカルマを消していく作業となるのである。

 

私はまだまだ修行が足りないと言うのは、今までの学問の考え方である。

 

勉強をしたり、何かの教えを学ぶものではない。

 

今、この瞬間に、あなたの中から真我を出すことができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170905223001j:plain

 

真我が出てきた時に、業やカルマや、自分の浅い部分にあるものが消えるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や業やカルマに囚われて生きていくことになる。

 

とても重苦しい生き方になっしまうね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、過去の記憶や業やカルマを綺麗にしていき、何ものにも囚われない軽やかな人生になっていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会