徹底的に本当の自分を知る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁36『チューリップの種は、最初からチューリップに咲くと決まっている。

 

人もまず因(たね)を知ることが大切なのである。

 

それは、本当の自分とは何かを知ることである。

 

人には、天から与えられた役割や才能がある。

 

全員が天才なのである。

 

しかし、チューリップも、土や太陽、水や肥料に恵まれないと、花を咲かせることはできない。

 

それと同じく、人も縁に恵まれないと、その才能は実を結ばないのだ。

 

どういう人と出会うかによって、目が出るか否かは決まってしまうのだ。

 

縁に恵まれるためには、徹底的に本当の自分を知り、魂に磨きをかけることだ。

 

そして、自分の才能を活かしてくれそうな人に、どんなことをしてでも会うことだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170520064228j:plain

 

縁に恵まれるためには、徹底的に本当の自分を知り、魂に磨きをかけることなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまって自分(偽我)が、本当の自分(真我)であれば、上手くコントロールできるはずなのに、目の前の現象に対してコントロールできず、勝手に反応して酷い状況に陥ってしまったりする経験があれば、偽我の自分に対しての疑いが生じる。

 

人は誰でも、そのようなものだとすることなく、そのことを徹底的に知っていくことだね。

 

頭では分かっていても、同じような失敗を繰り返してしまうのは何故なのかとか、自分の思い込みに気づいていく。

 

自分は自分で生きていると思っていたけど、宇宙に生かされている存在であると思えてくると、物事の捉え方が変わってくるね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会