魂の目覚めのスピードアップ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁96『エジソンが電灯を発明して以来、現代のコンピュータに至るまで、科学は凄まじい勢いで発展している。

 

科学者たちは、既に開発されたものを土台に、さらに研究を重ねてきた。

 

それに対して、魂の世界は、二千五百年前の釈迦、二千年前のキリストの教えを、未だに実生活に活かすことができず、あまり進化しているようには見えない。

 

魂の世界は、いつもゼロからスタートしてきたのだ。

 

科学の発達のスピードと比べ、魂の目覚めのスピードは、あまりにも遅いのだ。

 

今最も必要なのは、魂の目覚めのスピードアップである。

 

魂の世界も駅伝スタイルにし、実生活の中で活きるようにしなければならない。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170618072804j:plain

 

M・マクドナルド・ベイン著/仲里誠吉訳「解脱の真理」の頁359『・・・「知られざるもの」(神・神我)を実現するためには、君の信じているもの、あるいは信じていないもの一切が、心から完全に放下されていなければならない。

 

君は自分の心の中身全体、種々様々の観念・思想・形式化などがいかにして自分の心の中に入り込み、巣喰い、どんな作用や反作用をしているか、その過程全体を知り尽くさなければならない。

 

そうして始めて君は、今後は、そういった心の堆積物に煩らわされることなく、各瞬間毎に自戒の態勢にあるようになるのである。

 

君の心は、受け容れることなく、抵抗することなく、断罪することなく、批難することなく、完全に沈黙していなければならない。

 

自我が死んだとき始めて真実なるものが出現するのである。

 

コトバはもはやこれ以上は君にとって重要ではない。

 

何故ならば、単なる観念・思想、単なるコトバ、即ち自我の表現、とは違う創造態勢が、君の中で顕現するばかりになっているからである。

 

その時「君は実在するもの」、「表現しえざるもの」を知るであろう。・・・』とある。

 

魂の目覚めのスピードアップのためには、心の中を知り尽くして、完全に沈黙することなのだね。

 

人間を創造したものは、人間ではなく、「知られているもの」ではなく、「知られざるもの」(真我)になる。

 

心の中の「知られているもの」は真我ではなく、「知られているもの」が無くなった時に、真我が顕現するのだね。

 

心の中の想念や妄想の作用と反作用を知り尽くして、想念や妄想を静めていく。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

解脱の真理 改訂版―ヒマラヤ大師の教え

YSブログ研究会