自分の心に化学変化が起きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁98『コップに入った水を変化させようとする時、それと同じ水をいくら混ぜても、コップの中の水は何も変わらない。

 

しかし、インクを一滴入れると、たちまちコップの中の水は変わってしまう。

 

自分を変えようとする時も、自分でいくら考えても、自分は変わらないのだ。

 

なぜならば、いくら考えたとしても、結局は自分の考えに過ぎないからだ。

 

考えれば考えるほど、自分の考えが強くなるだけなのだ。

 

しかし、人と出会うことによって、自分の心に化学変化が起きるのだ。

 

人との出会いによって、初めて発想が変わってくるのだ。

 

自分を変えようとする時には、どうしても人の協力が必要なのだ。

 

自分自身では、いくらがんばって考えても、自分の枠から出ることができないのだ。

 

自分で自分は変えられないことを知ることである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170619194515j:plain

 

自分自身では、いくらがんばって考えても、自分の枠から出ることができないのだね。

 

がんばってしまうのは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いているからであり、その偽我の自分は、常に満たされていないので、満たすために自分の外側のもので補おうとする。

 

いくら補っても、満たされない自分であり続けるので、自分の外側への欲求は尽きない。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰ものに内在する究極の全体、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄み切ってくると、エネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

常に豊かな自分でいることで、自分を満たすための自分の外側への欲求は無くなり、物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会