もともとある自分自身に気づく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁106『自分自身を認めたら認めた分だけ、力は出てくるのである。

 

自分自身を認めることが、自信を持つということである。

 

百の力があるのに、一しか認めなければ一しか力は出ない。

 

しかし、十認めれば、十の力が出、三十認めれば、三十の力が出る。

 

百の力があることを認めた時、初めて百の力が発揮されるのだ。

 

百の力を認めて訓練をすれば、今まで眠っていた力が出てくるのだ。

 

自分が持てる百の力を、全部認めるようになることだ。

 

百の力を全部認めるようになるには、あなたが神であることを自覚することだ。

 

なぜなら、神は百%だからだ。

 

もともとある自分自身に気づくほど、意識は高まるのである。

 

自分を認められるようになることが、あなたの人生を素晴らしいものにするのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170623214847j:plain

 

自分自身を認めたら認めた分だけ、力は出てくるのであり、自分自身を認めることが、自信を持つということなのだね。

 

自分自身を認めることが難しいのは、自分自身を認めることができない思いが湧き上がってくるからで、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いているからになる。

 

そのため、自分自身を限定して、そこから発想するので、自分を認めることができない。

 

自分自身を限定してしまうのは、偽我の自分であり、偽我の自分が最大の敵なのだね。

 

だから、敵は周りにはいない。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

いろいろな気づきから、囚われていたものが外れていくことで、自然に自分自身を認められるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 

YSブログ研究会