総ての奪い合いも争いも消える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁122『地球上には、いくつもの大陸や島があり、全部、分離しているように見える。

 

しかし、海の水を全部抜き取ったら、総ての大陸が一つにつながっていることがわかるだろう。

 

人は何でも、自分と他とを分離して考えている。

 

自分の土地、他人の土地、自分の国、他人の国・・・。

 

分離感から、争いや奪い合いが生まれるのである。

 

分離感が消え、みんな同じく地球の人なんだと思うことができれば、他の国を奪う必要もなくなり、戦争もなくなる。

 

全部が一つ、全部が味方だという宇宙意識的な発想になれば、総ての奪い合いも争いも消えるのだ。

 

総ての人も土地も、全部深いところでつながって一つなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170701102629j:plain

 

分離感から、争いや奪い合いが生まれるので、分離感が消え、みんな同じく地球の人なんだと思うことができれば、他の国を奪う必要もなくなり、戦争もなくなるのだね。

 

分離感が生じるのは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、個体意識からの発想となっているからになる。

 

その発想ではなく、宇宙意識的な発想になるには、偽我に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

個体意識からの発想は不調和の発想であり、体が不調和の波動になっている。

 

常に体を調和の波動で一杯にし続けることで、自然に宇宙意識的な発想になるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

 

YSブログ研究会