自分自身が光そのものになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁126『自分のことしか考えない人は「エゴが強い人」と非難され、人とぶつかる。

 

自分を犠牲にして「人のため」と言っている人は、実は本心でないことが多い。

 

隣の国の戦争よりも、自分の顔にできたニキビの方が気になるものだ。

 

「人のため」というのは「偽り」になるのである。

 

自分のためにやるとエゴになり、人のためにやると偽りになる。

 

灯台は遠くを照らすが、足元は真っ暗である。

 

だからと言って、足元を照らしたら、遠くの船を照らすことはできなくなる。

 

では、どうしたらいいのか。

 

それは、灯台自体が光になることである。

 

灯台自体が光になれば、その光は、足元も遠くも照らすことができる。

 

自分自身が光そのものになれば、まず自分が喜びでいっぱいになり、自分の近くにいる人から順番に明かりを照らすことができ、一切の矛盾がなくなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170703192401j:plain

 

自分自身が光そのものになれば、まず自分が喜びでいっぱいになり、自分の近くにいる人から順番に明かりを照らすことができるのだね。

 

光そのものになるには、波動を高めていく。

 

心の中が想念や妄想で一杯だと、粗い波動になっている。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心の中の想念や妄想の混乱はいつまでも続いている。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、心の中の想念や妄想を静めていく。

 

やり続けることで、心の中が澄み切っていき、体中を調和の波動で満たしていく。

 

どんどん内なる光が増していくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会