頭で学ぶのでなく引き出す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁20『現象面の原因である心は、大きく3つの部分に分けて説明できる。

 

表面は、「観念(頭)」といって、心を頭で理解する部分である。

 

プラス思考、愛や感謝の心が大切だと、インプットによって頭では分かっている部分である。

 

頭で「プラスに思おう」と思っても、そうでない心が外の条件がきっかけで湧き上がって来る。

 

この心が、過去の体験、経験から細胞に刻み込まれた、記憶である。

 

これを「業(ごう)・カルマ」という。

 

遺伝子・前世・そして今世での記憶である。

 

この「業」が実在しない闇の心だとしたら、その奥に、光の心である「真我」がある。

 

つまり、あなたの真の実在「本当の自分」である。

 

それは、内なる神の心、内なる仏の心、宇宙の心、愛そのものといってもいい。

 

これを頭で学ぶのでなく、元々在るのだから引き出すのである。

 

そして、闇は光で消され、真我が原因になって、そのまま現象面に表していくことが真我開発である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170707203557j:plain

 

プラス思考、愛や感謝の心が大切だと、インプットによって頭では分かって、頭で「プラスに思おう」と思っても、そうでない心が外の条件がきっかけで湧き上がって来るのだね。

 

心をコントロールしたくても、心に振り回されてしまう。

 

心の中が想念や妄想で混乱していると、心をコントロールできない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄み切ってくると、目の前の現象に対して、以前は反応していたのに反応しなくなっていることに気づくことが増えてくる。

 

そうなると、常に穏やかな状態が続いていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会