自分の正体はこれだという把握

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁22『あなたが「自分」と言うとき、そこには3つの自分がいるのだ。

 

自分で評価する自分。

 

他人が評価する自分(あなた)。

 

そして、真我を開いて初めて実感できる「本当の自分」である。

 

人が評価する自分(あなた)は、実はその人が見る自分(あなた)であって、あなたの実体ではない。

 

あなたが自分で評価する自分も、結局は、自分の心を通した思い込みの自分である。

 

いずれも、その人の心の色を通した自分である。

 

あとから付け加えた知識、価値観からでもなく、もともと備わっている真我が本当の自分なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170708174752j:plain

 

知花敏彦著「神」の頁175~176『・・・この肉そのものに生命があって、肉そのものが生きていると思っているのです。

 

あなた方は、外側という表現、霊によって表現されているものの支配下に置かれているのです。

 

ほとんどが、肉のために生きています。

 

お化粧をするために、口紅を塗るために、奇麗な洋服を着るために、美味しい御馳走を食べるために、豪華な家に住むためにという物質観念。

 

うんと学問がなければならない、うんと金を儲けなくてはならない、うんと人を支配しなくてはならないという欲望的観念。

 

非常に恐ろしい悪魔的な生活をしているのではないでしょうか。

 

あなた方一人一人の実相、即ち、実際の自分というものにまだ気付いていないのです。

 

あなたの正体は何でしょうか。

 

一体全体、自分というものは何ものなんでしょうか。

 

あなた方は自分で自分を追求して、自分の正体はこれだという把握をしておられるのでしょうか。

 

これを把握して、あなた方がその正体通りのものの考え方、そして、生活をしているのならば、あなた方は復活したものとなっております。

 

あなた方は、即、霊なんです。

 

霊のみが生きて、霊のみが働いて、霊のみがあなた達の存在を保っているのです。

 

霊の他に何もありません。

 

唯一の実在とは何でしょうか。

 

それは霊なのです。

 

霊なくして何も存在しないのです。

 

その霊が、私(自分)なのです。

 

だからあなた方は、自分が霊である事を知っているのでしょうか。

 

その霊的自覚が出来ているのでしょうか。』とある。

 

自分の正体はこれだという把握をするには、自分が霊である事を知って、その霊的自覚が出来ているのかなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、本当の自分(真我)に気づいていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会