本音で接すれば本音が来る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁36『あなたが、自分の本音を隠して、仮面をかぶったまま世間に接すると、鏡の法則によって、世間や相手も仮面の答えを返してくれるようになる。

 

みんな表面的、上っ面だけの関係を築いているなと感じたら、それはあなたが本音に仮面と言うフタをして、そのフタが「鏡の法則」によって忠実に映し出されているのである。

 

あなたが本音に近づいて接していけば、自ずと相手からも本音が返ってくるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170715192909j:plain

 

鏡の法則」が忠実に働いているのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、相手に対しても相手の偽我に意識を向けることになり、相手の偽我が返ってくる。

 

偽我は価値観に基づく発想の領域だから、価値観は人それぞれで異なり、その領域で生きるのは、とても苦しいものになるね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、相手に対しても相手の真我に意識を向けることになり、相手の真我が返ってくる。

 

真我はもともと一つの領域だから、その領域では調和の中で生きることになり、人生は素晴らしいものになる。

 

真我の自分で生きるのは、心が過去にも未来にも行かず、心が揺れ動かないので、常にエネルギーが満ちて豊かな自分でいることができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会