全体としてひとつの大いなる力

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁56『強い人が強いとは限らないのである。

 

強い人とは、強くなろうと、自分ひとりの力をどんどん開発していくから、ある程度までは強くなれるが、人間には必ず限界が来るのである。

 

しかし、なんでも自分でやってしまおうとするので、その限界にぶつかり挫折してしまいやすい。

 

自分は弱いと思っている人は、自分ひとりの限界を自覚し、他人の協力を得ようとしたり、他の力を活用しようという発想になるので、多くの力を結集させて、結果的に人間一人では到底できなかったような大きなことが成し遂げられるのである。

 

弱い人ほど、大いなる本当の自分の力に目覚めやすいのである。

 

本当の強さは全体としてひとつの大いなる力のことである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170723095916j:plain

 

弱い人ほど、大いなる本当の自分の力に目覚めやすいのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)で、上手くいっていると、本当の自分(真我)に気づきにくい。

 

偽我の自分であっても、人生はこんなものだろうと、勝手に思い込んで、そこから抜け出すことができない。

 

自分は心と一体となっているので、心に振り回されても、それは自分なのだからと、心をコントロールすることをしようとはしないのだね。

 

心にコントロールされてしまうのでなく、心をコントロールするには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心が静まって、心の中が澄み切ってくることで、心を外して心をコントロールすることができるようになってくる。

 

本当の自分(真我)で生きることで、人生は素晴らしくなっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会