全てと繋がっている一つの意識

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁72『私とあなたは、あかの他人。

 

別の人。

 

そう捉えるのが普通である。

 

しかしそれは、肉眼で見える世界が、実際に肉体が分離して見えるからなのだ。

 

しかし、目には見えないが意識では、その奥深いところでは繋がっているのである。

 

私たちの考えや観念、また個人の体験経験による記憶は個々別々の意識だが、その奥の方では、まず家族など、同じ地域や国単位、グループや団体として繋がっている共通した意識もある。

 

そして、真我は全てと繋がっている一つの意識である。

 

特に身内や仲間では意識が浅いところで繋がっていて、例えばAさんの真我の体感の影響がBさんに行ったりする場合もある。

 

物理的に一見、因果関係の無いと思われる二つの出来事が、共通の意味をもって起きる現象、「シンクロニシティ現象」も、見えない意識の仕組みを理解すると必然的に起きていることが分かるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170731192524j:plain

 

目には見えないが意識では、その奥深いところでは繋がっているのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、個体意識からの発想で物事を捉えるので、上手くいかない。

 

頭にインプットされた固定化されたもので、目の前の現象に対応するため、無常なものに知っている限定された知識で対応するため、上手くいかない。

 

世の中のあらゆるノウハウを頭にインプットしたとしても、有限なもので無常に対応することになり、上手くいかないのだね。

 

上手くいくためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

個体意識から全体意識で物事を捉えることで、瞬間、瞬間の最適な判断ができるようになるから、上手くいくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会