八方塞がりになったらチャンス

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁92『もし、あなたが何かの問題の解決に万策尽き果て、もうどうしようもないくらいに追い込まれていたとしたら、それは最高の状態なのである。

 

意識の世界では八方塞がりになったら、チャンスなのである。

 

それは、自分の力ではどうしようもないことを知ることだからである。

 

前にも右にも左にも後ろもダメなら、あとは上しか道は無いのだ。上にあがるということは、意識を上げるということである。

 

だからこそ、意識を上昇させ、自らの実在である神に目覚める最も良いチャンスになるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170808203943j:plain

 

何かの問題の解決に万策尽き果て、もうどうしようもないくらいに追い込まれていたとしたら、それは最高の状態なのだね。

 

頭にインプットされているさまざまな知識によって、問題を解決する発想から抜け出す絶好の機会となる。

 

さまざまな問題に対して、有限の固定化されたものに囚われていると、いつかは行き詰まる。

 

その固定化された囚われを外すためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

常に真我の自分に意識を向け続けることで、今に生きることができ、問題は偽我の自分が造り上げた思い込みであったことに気づくことができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会