心という幻想から解き放たれる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁98『私たちの心臓が動くリズム。

 

海の水が岸辺に打ち寄せる波のリズム。地球が回転するリズム。

 

つまり、宇宙のリズムは本来、調和された同じリズムなのである。

 

しかし、私たち人間が勝手に作り出した不調和が心に生じると、そのリズムに不協和音をもたらすのである。

 

私たちを含めたあらゆる存在は、宇宙として元々一つの同じリズムで調和されているのである。

 

真我に目覚めるというのは、私たち人間の心という幻想から解き放たれ、大調和に目覚めることである。

 

これから調和するのではなく、元々調和されている事実に目覚めることなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170811085135j:plain

 

人間が勝手に作り出した不調和が心に生じると、そのリズムに不協和音をもたらすのだね。

 

心の中の想念や妄想による混乱が、不調和を引き起こす。

 

もともと調和している存在であっても、その混乱に慣れきっていると、それが異常だとは捉えることができずに、当たり前だとしてしまう。

 

心の中の混乱を静めるためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

偽我の自分であっては、いくらさまざまことをしたとしても、偽我の自分には変わりない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)からの発想は変わらない。

 

だから、いかに本当の自分(真我)であることの実感が持てるほど、本当の自分(真我)に意識を向けて続けることができるかだね。

 

頭で考えてしまうのではなく、常に真我なんだと感じることができる自分になっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2 

YSブログ研究会