問題や悩みはナベのふたの取っ手

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁100『私たちの目の前に現れる問題や悩みはちょうどナベのふたに付いた取っ手のようなものである。

 

ナベに取っ手があるから、フタを開け、中を見ることができるのである。

 

取っ手が無かったら、中に腐ったものがあっても、フタを開けられない。

 

問題の根本に気付きにくくなってしまうのである。

 

だから、問題という取っ手のお陰でフタを開けやすくしてくれ、根本解決に至るのである。

 

問題にならなかったら、そのまま放置されて、もっととんでもないことになりかねないのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170812151110j:plain

 

問題という取っ手のお陰でフタを開けやすくしてくれ、根本解決に至るのだね。

 

問題を突き詰めていくことで、何かに囚われていたことに気づく。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)、これが最大の囚われかもしれない。

 

この囚われによって分離感が生じてしまって、個体意識からの発想が根付いてしまっている。

 

これでは問題や悩みは絶えなくなる。

 

個体意識からの発想を抜け出すには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

問題や悩みは、心が今に在り続けることができずに、過去とか未来に離れてしまうことによる妄想によるものだと気づいていく。

 

妄想の中で生きていては、とても幸せになったといっても、それも妄想であって、本当の幸せではない。

 

本当の幸せは、もともと幸せであることに気づいていくことだね。

 

その気づきによって、幸せは永続的なものとなる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会