本当にわかったというのは?

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁118『よく「わかった」と言うが、本当にわかっているのだろうか?

 

あなたが一度も聞いたことも、食べたことも無い料理があったとする。

 

その料理の原材料や調理過程など事細かに聞いて、どうですか?

 

メニューを出されてたとき、「わかりました」と言った人は、一番分かっていない人である。

 

もう少し分かった人は「わかりませんよ、食べていませんから・・・」と言う人である。

 

そして本当にわかった、というのは、その料理を実際に口にして「私の味覚でわかりました」と言う人である。

 

これを真我の追求で言うと、真我はこうですよ、という概念を頭で理解したことがわかったではなく、体感し、そしてそれが現実に現れてきて初めて「わかった」なのである。

 

そして、真我は宇宙であり無限だから「ここまで分かった。

 

でも、更に自分の知らない世界がこの先に無限にあるんだ」という姿勢が大切である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170821202107j:plain

 

真我はこうですよ、という概念を頭で理解したことがわかったではなく、体感し、そしてそれが現実に現れてきて初めて「わかった」なのだね。

 

頭で考えるほど、頭にインプットされたものをベースに発想することになるので、ますます本当の自分(真我)から遠ざかっていく。

 

心の中の想念や妄想で混乱した状態だと、その混乱が心の雲となっていて、本当の自分(真我)に気づくことができないのだね。

 

心の曇りを取り払うには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想が静まって、心の中が澄み切ってくる。

 

今まで分からなかった心の動きが分かるようになり、心に振り回されていた状態から、心をコントロールできるようになってくる。

 

心を使わないことで、自分の内側が満ちてきて、豊かな自分で在り続けることができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会