遺伝子の記憶を引き継いでいる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁14『両親との関係は、人生に大きな影響を与える。

 

なぜならば、両親との関わりの中に、根本原因と環境原因のどちらも入っているからである。

 

人は、生れたときから、両親の遺伝子の記憶を引き継いでいる。

 

また成長の過程で、両親の言動や育てられ方が記憶として残っていく。

 

さらには、前世の記憶も織り込まれて生まれてくる。

 

そのように膨大に蓄積されたものが、あなたの中にある根本原因である。

 

いわば、根本原因は、命という縦の環境の中で培われてきたものである。

 

一方、その時代を過ごす、いわば時間という横の環境で起こることが環境原因となる。

 

兄弟、友人など、様々な人と時間を共有するが、一般的には両親との時間が一番長い。

 

因(根本原因)と縁(環境原因)が反応して果(現象)となり、その果は次の因となっていくのである。

 

このように、両親の影響はとても強いのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170824202804j:plain

 

人は、生れたときから、両親の遺伝子の記憶を引き継いで、前世の記憶も織り込まれて生まれてくるのだね。

 

その記憶が目の前の現象に反応して、その反応に振り回される。

 

そうならないためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

偽我の自分で偽我の自分を何とかしようとするのではなく、偽我の自分を相手にせず、真我の自分に気づいていく。

 

本物が顕れたら偽物は消えるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会