人智を超えた深い叡智が働く

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁26『何事にも、中心がある。

 

体の中心に重心を置けば、バランスを保って楽に立っていられる。

 

家庭や会社にも中心がある。みんながばらばらの報告を向いてしまうと、進むべき道に進むことはできない。

 

問題が生じたときにも、何を基準にするのかが明確でないと論点がずれて、最適な対処はできない。

 

しかし、常に中心に焦点を合わせていれば、自然と物事は調整され調和をする。

 

中心軸を定めたら、周りのものが整ってくるのである。

 

家庭の中心、会社の中心、日本の中心、すべてに中心がある。

 

中心があることで安定する。

 

宇宙にも中心がある。

 

人も宇宙の一部であるから、宇宙の中心に焦点を合わせて生きることが、本来の道である。

 

宇宙の中心とは、真我である。

 

真我に的を合わせたときに、人智を超えた深い叡智が働く。

 

これは、宇宙の法則なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170830184744j:plain

 

常に中心に焦点を合わせていれば、自然と物事は調整され調和をするのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いているのは、中心ではないところに焦点を合わせていることになる。

 

偽我の自分で生きることは、不調和な生き方になり、悩みや苦しみの多い人生となってしまう。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、常に中心に焦点を合わせることになる。

 

真我の自分で生きることは、心の奥底から満足した、とても気分の良い状態なので、目の前の現象に対して、常に全体から見て最適な判断が自然とできるようになり、その結果として調和の中で在り続けることができるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会