過去の捉え方が変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁28『人は無限次元で生きている。

 

次元とは、物の捉え方のことである。

 

物事の捉え方は、自分の背負っている記憶に起因する。

 

記憶とは、人に内蔵されているプログラムのようなものである。

 

あるデータが入力されると、決まった結果が出てくるのである。

 

入力するデータは同じなのに、人によって出てくる結果は違う。

 

人を見たらプレゼントをするサンタクロースと、人を見たら奪うことを考えるドロボーでは、入力は同じだが引き起こされる結果は違う。

 

この次元は変えることができる。

 

ドロボーも、意識の次元を上げることでサンタクロースになることができる。

 

意識の次元を上げるとは、何かを勉強することではない。

 

モチベーションを強化しても、ドロボーは大ドロボーになってしまうだけだ。

 

過去の捉え方が変われば、意識次元が変わる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170831201906j:plain

 

物事の捉え方は、自分の背負っている記憶に起因するのだね。

 

その記憶によって、目の前の現象に反応しまくってしまうと、目の前の現象に振り回される生き方となって、悩みや苦しみの多い人生となってしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その過去の記憶が優勢になってしまう。

 

その過去の記憶に囚われずに、目の前の現象に適切に対応するには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

真我の自分に意識を向け続けることで、常にバランスの取れたニュートラな自分で在り続けることができ、とても穏やかな生き方になる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会