弱さは他を生かすことができる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁54『自分一人で何もかもやってしまおうというのは、小さなことしかできない。

 

自分の中の弱さを克服しようとして、ひとりで奮闘し、他の助けを借りようとしないと苦しくなってしまう。

 

人には、人に協力したいという本能があるが、強い人は、「自分が」で出てしまって、なかなか協力してもらいにくい面がある。

 

実は、弱い人のほうが強く、調和しやすいのである。

 

弱いということを自分で認めると、その弱さを補ってくれる人を求めることになる。

 

自分にはないものを、人が持っているということに気づいて謙虚になる。

 

感謝をすることができるようになる。

 

そしてまた、それは、その人を生かすということにつながる。

 

弱いということは、他を生かすことができるのである。

 

そのように物事を進めていくと、発想も変わってくるし、自分一人ではかなわなかった大きなことを成し遂げることができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170913201016j:plain

 

人には、人に協力したいという本能があるが、強い人は、「自分が」で出てしまって、なかなか協力してもらいにくい面があるのだね。

 

「後光がさしている」といのが「光」とすれば、その逆は「闇」で、強い人は、頑張って頑張って「闇」に向かってしまう。

 

豆電球は電池のプラスとマイナスにつなぐことで光るが、これは完全に調和すると光るのだね。

 

同様にして、人間も不調和だとどんよりと暗く、調和していると光り輝く。

 

光り輝くためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、体全体が調和していくので、自分でも気づいていなかったような歪みが元に戻ってくる。

 

それによって、エネルギーの流れが良くなって、意識が高まってくるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

 

YSブログ研究会