やってみて、反応を見て、合わせる

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁82『人は、何かをしようとするときに、設計し計画を立てて、まずシステムを作ってから、その中に事柄を当てはめようとしがちである。

 

しかし、このやり方では、意図しない出来事が起きてしまうと、システムありきになって対応ができなくなる可能性がある。

 

特に新しいことを始めようとするときには、頭の世界で考えた通りにしようとしても、人や社会の反応はその通りにいかない場合が多い。

 

本来は、まずやってみる。

 

そして、やってみた結果をシステムにしていくのである。

 

子供を育てる場合も、育児書の通りにならない。

 

一般常識や自分の考えをはずして、子供の反応を見ながら、それに対応していけばよいのである。

 

そこに、価値観や固定観念が先に来るから、ちぐはぐになるのである。

 

万事おいて、まずはやってみる、反応を見る。

 

それに合わせる。

 

これをやっていけば、矛盾は起きないのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170927194845j:plain

 

万事おいて、まずはやってみる、その反応を見て、それに合わせることををやっていけば、矛盾は起きないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分にインプットされている価値観や固定観念をベースに発想するから、我が出てしまい上手くいかない。

 

もともと誰もが調和している存在なのだから、価値観や固定観念が無ければ上手くいく。

 

そのためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

個からではなく全体から、物事を捉えることができ、自然と調和していくことになる。

 

調和のエネルギーが高まり、常に豊かな自分で在り続けることができるね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

 

 

YSブログ研究会