常に幸せの心でいられるようにする

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁90『世の中には、これからの出来事を予言する人がいるが、予言では人を救えない。

 

あなたは将来病気になりますと言われたら、健康な人まで、その言葉の通りになってしまう可能性がある。

 

心というのは、その方向にいく性質を持っているので、自分がそれを捉えてしまうと、現実化してしまうのである。

 

特に自分で決めたことでなく、人に言われた言葉で人生が左右されてしまったとしたら、人に人生を委ねているということになる。

 

真の救世主は、予言ではなく予変をする。

 

その人の中に、こうなるであろうという因子があったとしても、それを変えてしまうのである。

 

人生は、心と言葉と行動で決まる。

 

もとになる心を変えれば、結果が変わるのである。

 

常に幸せの心でいられるようにすると、訪れる出来事は幸せの出来事だけということになる。

 

真の救世主というのは、真我に導くことができる人である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171001195635j:plain

 

常に幸せの心でいられるようにすると、訪れる出来事は幸せの出来事だけということなのだね。

 

幸せとは、なろうなろうとしても、幸せにはなれず、仮になれたとしても束の間のものである。

 

既に幸せであることに気づくことで、常に幸せの心でいられるようになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、分離の思いからいろいろ比較することが当たり前となって、その比較が自分や相手を裁くことにつながっていく。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、自分の中から「私が」が薄れていく。

 

心の中の想念や妄想による混乱が静まって、心の中が澄み切って、エネルギーが満ちてくる。

 

今、この瞬間、豊かな自分で在り、その自分がいつまでも続いていく。

 

物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会